「いくらなんでもこれはない」林修氏が官僚を目指すのをやめたきっかけ

「いくらなんでもこれはない」林修氏が官僚を目指すのをやめたきっかけ

26コメント

このトピックをブックマーク

いいね! LINEで送る ブックマーク メールで送る
1

匿名さん


「僕は無理だな」林修氏が官僚を目指すのをやめたきっかけ - ライブドアニュース

31日の番組で林修氏が、官僚になることを目指していた過去を明かした。国家公務員試験では朝9時集合の面接が夜の6〜7時ごろから始まったそう。林氏は「これはないだろう」と違和感を覚え、官僚を目指さなくなったそう
林氏によると、面接の集合時間は朝9時だったが、実際に試験官との面接が始まったのは夜の6時から7時ごろだったとか。朝から夜まで、受験者全員が待たされたというのだ。周囲の受験者はおとなしく待っていたが、林氏は耐えられず、1時間に1回は自動販売機に向かい食べ物を買っていたという。

試験後、採用となった知人から「あそこも見られてるぞ」と、待機時間も試験の一環であったことを指摘されたそう。だが林氏は「そうだとは思った」としつつも、長時間の待機を強いる試験に「これはないだろう、いくらなんでも」と違和感を覚えたというのだ。
-2
+16
3

匿名さん

今でしょ!
-1
+10
4

匿名さん

ずっと動かず待ってるのが正解なの?
-1
+6
5

匿名さん

キャリアだけではなく、ノンキャリのⅡ種も同じシステムだぞ。そしてエレオク
-2
+4
6

匿名さん

>>4
ずっと待ってた人たちは受験塾で習ったままを実行したんだろうね

将来は手持ちの仕事が終わったら席から動かずじっと定時まで座ってそう

偏見だけど、イメージがそれ

0
+10
7

匿名さん

待機してるところなんて見てないよ。早く終わった人は条件が変わってきちゃうから。
待ってる間に気分が悪くなったりする人が出れば、もちろん対応するけど。
-3
+6
8

匿名さん

で、選ばれた人達の仕事が財務省のあれ?年金のあれ?どんなコントだ?
-1
+14
9

匿名さん

今は官僚なんかより収入いいだろうし人の役に立ってそう 林先生の説明で学んだ事あったしな
0
+13
10

匿名さん

落ち着きとかそういう判断材料かもね。イライラ貧乏揺りしちゃう様な人は不合格w
0
+3
11

匿名さん

佐川氏もこの試練を突破した組か
0
+1
12

匿名さん

有名私立幼稚園
有名私立小学校の面接も親子3人は
待機中も見られてるのは有名な話
0
+3
13

匿名さん

>>10
それにしても9時間~10時間はやり過ぎ
0
+8
14

匿名さん

他の人が面接を受けて待たされてる
待機時間と、呼んでおいて9時間も
放っておかれる待機時間を同じに考えて
その待機時間を見てるとしたら
それは人が悪いとしか言い様が無いな
0
+6
15

匿名さん

何かあったときに自分を犠牲にできるかをみてるんでしょ。うちの旦那は他省庁からの出向組で、同じところで働いてたけどキャリア組は真面目で仕事できるけどその分病んで病んで自殺が多いんだって。
-2
0
16

匿名さん

時間の無駄
林先生のようないい人材も逃してる
0
+9
17

匿名さん

>>15
ただ遊んでるだけとしか。
0
+2
18

匿名さん

>>16
適材適所って事。林先生が官僚になってたら使えない人材だったかも知れない…
0
+2
19

匿名さん

>>18
確かに
意見が食い違う上司に合わせるとか多数決とか合わなそう
0
0
20

匿名さん

官僚はこの屈辱的な面接を我慢して合格したのか。
絶対服従をこの時点で誓わされてるわけか。最強のロボットだな。
0
+3

名前全8文字マデ

本文必須全4000文字マデ

※本文にサイトurlや画像urlを貼りつける事も可能です

画像5MBマデ

コメントを投稿

このトピックを見てる人に人気

今日の人気トピック

新着トピック