紗倉まな「AV女優も普通の女の子なんです!」

紗倉まな「AV女優も普通の女の子なんです!」

136コメント

いいね! LINEで送る ブックマーク メールで送る

このトピックをブックマーク

1

匿名さん

「AV女優も普通の女の子。その日常を描けたら」東京国際映画祭にもノミネートされた紗倉まな原作の映画『最低。』

※以下略

「この作品の一つの意図としてこういうAV業界あるいはAVで働く人々への偏見をなくしたいという意図はあったか」という問いに、紗倉は「ずっと偏見は無くなればいいなと思っていた。AV女優も普通の女の子。年間1000人以上がAVデビューしていると言われているが、それだけいるということは、それだけの女の子の普通の日常もあるということで、そこを描けたらいいなという想いで書かせていただいた」と答えていた。

※全文はコチラ


「AV女優も普通の女の子。その日常を描けたら」東京国際映画祭にもノミネートされた紗倉まな原作の映画『最低。』

 本業のAVだけでなく、テレビやラジオにも多数出演、小説まで手がけ多彩な才能を発揮している紗倉まな。 この程、小説『最低。』が映画化され、日本最大級の映画の祭典・東京国際映画祭のコンペティション部門で
-6
+7